産業廃棄物の許可を行政書士に頼む?

ホーム » 産業廃棄物 » 産業廃棄物の許可を行政書士に頼む?

国、県庁、市役所などの官公庁に提出する書類って難しいですよね。中でも難易度が高いと言われているのが産業廃棄物処理業の許可です。官公庁への許認可等の手続きの代行を依頼できるのは行政書士だけです。

 他人の産業廃棄物の収集運搬を業として行う場合には、都道府県知事から産業廃棄物収集運搬業の許可を得る必要があります。例えば、産業廃棄物収集運搬を専門に行う場合だけでなく、建設業の下請けで工事の産業廃棄物を運搬する場合にもこの許可が必要です(元請けの排出した産業廃棄物を運搬したこととなります)。県境をまたぐ場合は、荷受けする都道府県と、荷下ろしする都道府県の許可が必要となりますので大量の許可を取得し、管理していく必要があります。

 産業廃棄物収集運搬業の許可取得までに以下の手順を踏む必要があります・

 法律(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)の制度を理解する

 講習会を受ける(役員)

 官公庁の申請窓口を確認 

 申請様式及び添付書類を確認

  申請書に記入し官公庁担当者と協議

 添付書類(講習会受講証、車両の写真、車検証、住民票、登記されていないことの証明、決算書、納税証明など)を揃える

 手数料を添え、官公庁に申請書を提出する

 修正指示に対応する

 許可書の交付

 許可に至るまでに、相当な時間と労力が必要なことをご理解いただけると思います。また、官公庁との協議は、ある程度の専門知識が無いと行き違いや手戻りが発生しスムーズに進めることができません。そこで、当事務所は、これらの業務を代行し、許可取得の支援に取り組んでいます。行政書士が申請を代行することで、専門的な手続きを効率的に安心して進めることができ、安心して事業を進めていただくことができます。

 また、当事務所では、これらの事後のサポートも行います。

 産業廃棄物処理業は、許可の取得だけでなく許可の維持が重要です。安心して営業していただけるよう、5年ごとの更新申請、事業に関する変更を行う際の変更許可申請・変更届もサポートいたします。

legal-mie-matsumoto

まつもと行政書士事務所 三重県津市久居烏木町455-1 日本行政書士会連合会 登録番号第22211757号